トップ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | | コメント(-)

鳴りやむことを忘れた星の . . 。 ・ * o  

                                                                 睦月十八日 居待月

愛の前触れ


今日の嵐のような風は 春一番だったんだろか

土煙で太陽が霞んでた


きのう

庭の梅の花が 蕾を咲かせた

一輪・・二輪・・三輪・・と*


あぜ道を歩くと

土はやわらいで 匂い立ち

ライラックの木も芽吹きをはじめてる・・*


今年もこの地に 春がやってくる


木々の間を吹き抜ける風が奏でる子守唄を聴き

草はらに寝そべってからだをあなたに預け

裸足であなたの温度を感じよう


そう

チョウたちはやってきて

愛の雫をまき散らしながら

螺旋を描いておどるでしょう


あなたの春に 無邪気にうたい

あなたの春に ともに踊る


すべてのものが

響いては響きかえし

響いては響きかえし

ハーモニクスを呼び合いながら

そうしてとうとう

鳴りやむことを忘れてしまった

青く光る ひとつの星


いちりん さいた あいのまえぶれ 






感じるものがあればクリックを。。クリックありがとう
スポンサーサイト

[2008/02/24] | | コメント(0)

コメントありがとう















管理者にだけ表示を許可する






























































staying now since 2008.01.06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。