トップ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | | コメント(-)

日本を知りたい 

先日久しぶりにジュンク堂書店で長い時間過ごした。
近頃は本屋さんに足を運ばなくても、欲しいものはネットで買えるけど、
本屋さんに行くと、目的以外のものに出逢えるからいい。
用もなくぶらぶらしてる時に出逢える・・そういう運命の本ってある。
この膨大な量の中、わたしとの出会いを待ってる本が、この世のどこかにある・・
そんな音楽や絵画や詩がこの世のどこかにあって、見つけられるのを待っている・・そんな風に想像するのは愉しい。
だからあまり頭で選ばないで、わたしの存在そのものに選んでもらうようにして、
目はぼんやりと本棚を追っていく。
そうすると、ふっ・・って目に飛び込んでくることがある。

その日わたしの目に飛び込んできたのは、日本史や古代史や、日本の文化に関するものばかり。
(そういえば先日浅草を歩いたときも、扇子や和傘やかんざしの美しさに魅入っていたのでした。)
それから北斎の画集。これはいつか息子にプレゼントしたいな。
北斎の絵が一番かっこいいと以前言っていたことがあるの。
いつだったか、彼のこれからのことを話していたときのこと。
色々な選択肢をあげながら、その中で日本を離れて留学する可能性のこととかも話していたんだけど、
その時に「日本を極めたい」と彼は言ったんだ。
私が彼の年頃の時にもしも親から海外留学の話をされたら、喜んで日本を離れていたろうと思う。
でもとても確固としているんだよね。日本が好きなんだって。
小さい頃に色んなところを連れまわしてしまったからかな・・と思いながら・・^^
だけど日本やその文化の美しさに気づいていることがうれしかった。
浄瑠璃や歌舞伎や相撲や・・(まだ実際に触れていない世界がいっぱいあるね)そんなのも見てみたいって言っていた。

ほんとうに奥深い国に生まれて住んでいるよね・・人々の機微、奥行き。。
いま旅をするなら、わたしは日本の文化を旅したいな。
和服も美しく着られるようになりたいし、愛する人にも着付けてあげたい。
月夜に、愛する人を互いに歌に詠みあうんだよ・・なんて美しい。。

この国をもっと感じたくてたまらない。

日本人の髪や瞳はなぜ黒いのかしら・・
この星の一日はなぜこの国から始まるの・・
挨拶する時に相手に頭を下げるのはなぜ・・
なぜ禅はこの国で花開くことができたの・・


嗚呼、わたしの秋が更けてゆきます。
スポンサーサイト

[2006/10/29] 未分類 | | コメント(0)

コメントありがとう















管理者にだけ表示を許可する






























































staying now since 2008.01.06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。