トップ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | | コメント(-)

日記 

浅草橋1丁目

快晴

天気予報は 今日は暑くなると告げていたけれど
母から譲り受けてお気に入りのニットを羽織って出かけたら
窓の開かない電車のなかに差し込む陽射しに少し汗ばむ

電車を一度だけ乗り換えて浅草橋へ

大野一雄生誕100年を祝って編まれた写真集の出版に合わせて 
ゆかりの人たちの作品を集めた
『大野一雄生誕100年祭「頌・大野一雄」』を見に行きながら 
ぶらぶらと...

浅草橋から浅草までのふた駅分を
卸問屋の店々を覗きながら歩く

この界隈独特の空気

原色の・・洗練されていないものが並ぶ店先に
なぜだかインドの匂いがよみがえる

途中で入ったガード下の料理屋でビールを飲んだら
まだ明るい太陽に少し目が廻る

人々の営み・・・

こんなに渾沌とした世界が
ばらばらに散らばらずに
こんな風に機能している・・・不思議

そんなことをとりとめもなく...



帰り 駅の構内の本屋に立ち寄り『向田邦子の恋文』を買う





浅草橋 扉





感じるものがあればクリックを。。

スポンサーサイト

[2006/10/11] 未分類 | | コメント(0)

コメントありがとう















管理者にだけ表示を許可する






























































staying now since 2008.01.06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。