トップ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | | コメント(-)

空白 

ふるえるくらい寂しくて

それは静かな絶叫のように

わたしをとりまく


そんなことも時にはあって


そうなるとわたしはもっと無口になって

外に出たり人と交わろうとするよりも却って

内へ内へと入っていく


ちょうど蚕が繭のなかで眠るように

すっぽりとやわらかな膜で自分を被って

その中心を抱きしめるように眠る


小さなささやきを頼りに

(((すべては愛に還るよ))) と・・



さみしくてさみしくて

どんどんとさみしさの中に入っていって

ちょうど海の深くへ潜っていくみたいに・・

だからほんとはこわい


何も聴こえない

息の仕方もわすれてしまう・・


だけど

目は逸らさない

わたしは わたしを 愛する・・と

この命がささやくこと 

そのすべて・・見過ごさないように


だいすきなひとと触れて

ふるえるくらい喜んでる自分とおなじくらい

ふるえるほどのさみしさの中にあるときも

だきしめてだきしめて・・

不器用なままの

不完全なままのわたしすべて・・


いまは何か 外に向かうエネルギーよりも

中心へ中心へともどっていく


いま存在は私にそんなスペースを用意してくれて・・

まるで空白のような時間・・

空白

何にもなくて

すべてがあって



ふと思い立って『ルーンの書』をひらいたら

ブランク・ルーンのページにこんなことが書いてあった


     『ブランク(空白)』は終わりであると同時に始まりでもあります


      ・・・




      私はもう自分の外部の物事を変えようとはしません。
      それはみな、私自身の反映にすぎないのですから。
      私の内にある「ものの見方」を変えると、その新しく
      現れる態度によって、長い間かすんでいて見えなかっ
      た美しさを外のものが見せてくれます。内なるビジョ
      ンに集中すると、外に見えるものが変化します。私は
      生命の勇壮さに調和し、宇宙の完全な秩序と一致して
      いる自分を発見するのです。  ――ルーンの書より



あぁ・・なんて風だろう


感じるものがあればクリックを。。

      
スポンサーサイト

[2006/10/07] 未分類 | | コメント(0)

コメントありがとう















管理者にだけ表示を許可する






























































staying now since 2008.01.06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。