トップ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | | コメント(-)

信号待ちのみつけもの. . 。 ・ * 

赤信号で車をとめて


青になるのを待つ間


道のわきに立つ 背の高い木を見上げていた


ふ・・・っと



「もしかしたら日本に生まれるのも これが最後かもしれないんだね」って



そんなことを思った


Waaa............って思った


胸が つぅーーー ってなった




この国にいられるのって


ずっとじゃないんだ


地球を訪れることでさえ



この場所にいられるあいだ


わたしになにができるかな


なにがお返しできるんかな



                                       。。。




感じるものがあればクリックを。。クリックありがとう                                         睦月廿二日
スポンサーサイト

[2008/02/28] 日々のこと | | コメント(2)

踊る仲間とシンクロのおはなし 

                                                                  睦月廿一日


Dance...oh..Dance....ダンスが導く方へ わたしは行こう...




今日はダンスのクラスだった
先週の金曜日 そして今日と 間を空けずに通えるのは久しぶり うれしい

先日サイトを再開した前後はなかなかタイミングが合わせられなくて
4週間近くまったく踊りに行けなかった
その時は からだが ぅんがぁーーって ものを言ってた
からだって 少しでもバランス狂わせると あらゆる方法で語りかけてくる
からだには「後でね。。」が通用しないんだね
痛みや不調も からだのことばだ

去年の夏ごろからいくつかのダンスクラスに通ってる(12/15)
01/04の日記に登場する 踊り仲間のmidoriちゃん(Mちゃん)との
「何か一緒にできたらいいね・・」なお話は
その後トントコトン♪と一気にお話が進み
ゴールデンウィークにある東京フィルハーモニー交響楽団のコンサートに向けて
いま共同制作を進めつつあるところです
詳細はまた改めて書くつもりです

このmidoriちゃんとは 話すほどにシンクロの嵐・・笑
誰かさんがいたずらを仕掛けてるみたいに これでもかっていうくらい
ぼこぼこ浮きあがってくる
今日なんてmidoriちゃんとマルゴの誕生日が同じ2月25日だってこともわかってびっくり

家族や心のつながりを深く感じる友人とのシンクロは日常茶飯事で
ひとつひとつ挙げたらきりがないほどだけど
リアルで日常的に会う人にそういった感覚を持つことはこれまでほとんどなかった
親しい友人はみんな遠くに住んでるせいもあるかもしれないし
多分わたし自身の先入観や制限もあっただろう

ダンスがつなげてくれたこのシンクロや 物事が一気に進んでいくスピード・・
じかに会って 顔を見て 声を聞いて 肌に触れられる人との共同創作・・(わたし苦手だった。。^^)
これって「遠いどこかじゃない、あなたのいる場所での実践を根付かせていく」
そのことを言われてるんだと思う


midoriちゃんと 更衣室での立ち話 
ちょっと昔なら 人のいない場所で話されていたような世界を 世界観を
何の違和感もなく 周りの目も気にせずに話すわたしたち・・
「こんな話がこんな場所で話せるような時代になったね・・」って言いあい笑いあう




あぁ いま 雨が降ってる

雨の音が聴きたかった。。

雨を子守唄に眠ろう


つづきの物語はまたいつか


おやすみなさい






感じるものがあればクリックを。。クリックありがとう
[2008/02/27] 日々のこと | | コメント(0)

植物たちといっしょに 春へ . . 。 ・ * アロマのおはなし 

                                                                   睦月廿日 更待月

しろいばら

植物の香りって なにか・・
次元をつなぐキーのような気がしている今日この頃・・

花々の優しい香りに触れるのがたまらなく好きです
わたしの本名は母がつけてくれたんだけど
きっと本人もそうとは知らずに繋がって 何か受け取ったんだろうな・・って
そう思えるくらいぴったり繋がる名前・・*

いま キャンドルづくりを通して アロマの香りに触れることが多いのだけど
それぞれの香りが携えている・・サイン・・のような・・そんなようなものを
聴いている時間が大好き。。
香道というの やってみたことないけど こういうことかな・・って想像してる
そう言えば 香道では「香を聴く」という言い方をしなかったかな・・?

これからね キャンドルの他にも 香りを使ってなにか創りはじめることになりそうなんだ


さっき ちょっと思い出したいことがあって 
11~2年前にアロマテラピーの学校に通っていた頃のノートをぺらぺらと捲っていた

クラスの中での実習でやったのだったか・・いくつかの精油を選んで 
その香りから感じる オイルの人物像をイメージして書き留めたらしいページを見つけた

「ふぅ~ん。。こんなことを書いていたのねん。。。」と
他の誰かが書いたもののように興味深く読んでいた

Roman Chamomile
 母なる大地の包容力を体現している。大地にどっかりと
 根をおろし、中心が定まっている。「モナリサの微笑み」の
 絵の様な女性の印象。存在を信頼し流れに身を任せている。
 春の陽射しのように優しくて、暖かい女性エネルギー。
 出会った人のハートの繊細さにシンクロナイズしながら
 勇気を与えてくれる。無条件の愛。知恵の女神。
 自然のサイクルに歩調を合わせ、暮らしている。
 彼女からのメッセージは「あなたはあなたのままでいて」
 雨上がりの草原に吹いている優しい風。

Lavender
 静かな呼吸と共に、独りのスペースへ入ってゆくのを助け
 てくれる。熱すぎず冷たすぎないクールなハートという感じ。
 深い森に囲まれている湖の、しんとした静寂。
 イメージの中の女性は、その湖までよく散歩に出かけ
 木々と一緒に踊ったり、湖で泳いだりしている。
 年齢を感じさせない。白い服が好き。石造りの家に
 住んでいる。蝋燭の柔らかい灯りの部屋。
 時々私は、彼女の部屋に遊びに行く。
 クリスタルのアメシストか、スモーキークォーツとの相性が
 いい気がした。

Roman Chamomile&Lavender
 カモミールの暖かい女性性とラヴェンダーのクールなハートが
 出会って、バランスのとれた女性エネルギーを感じる。
 そばにいるだけで、安らいでしまうような人。
 彼女の繊細な手がハートにタッチすると、深い休息
 の中に落ちていって、癒しが起こる。愛のひと。
 ひとりでに沈黙へと誘う。
 物事に執着しないことを教えてくれる。
 彼女からのメッセージは、「ゆっくり、ゆっくり、慌てないで、
 走らないで、寛いでいていいんだよ」
 また、木漏れ日と戯れている小さな子供が思い
 浮かび、内なる子供との繋がりを感じた。
                       Dec.’96


自分の理想像を投影してるっぽいよね。。。笑
でもちょこちょこと今につながるキーワードが書いてある。。。

>自然のサイクルに歩調を合わせ、
っていうのも今日の日記のキーワード

まだまだ寒い日が続いてるけど
外を歩くと植物たちは 冬の間蓄えていたエネルギーを
目覚めの力に変えて えいっやー!って
土から顔を出し 木も芽吹きはじめてる

この季節 まだ冬の影響を残してる人間のからだやこころの状態に
植物たちは はじまり目覚める力になって 助けてくれるのだって。。

春先の不調というのは 冬のあいだ閉じがちなからだと
自然との歩調が合わないことにも理由があるのだろうな

植物たちの力をお借りしたり
春を感じるような香りを選んで
家族や親しい人とアロママッサージしあえたらいいね

ゆっくり ゆっくり ゆるませながら

植物たちと歩みをそろえながら 
          からだまるごと 春になる・・* 春になる・・*

大好きな人とのタッチなら それだけで 溶けちゃう だろうけど。。。^^ 

そう言えばきのうは
わたしが16才の時に出会って ほとんどの時間を共有しているひと
Margoのお誕生日だった
ひとつ覚えのケーキを作ってお祝いするつもりでいたのに ダウンしちゃって
逆に夜ごはんまで作ってもらっちゃたんだ はぁ・・お誕生日なのに・・・ね
せめて今日は 春の香りのタッチのお返しを。。。

love...







感じるものがあればクリックを。。クリックありがとう
[2008/02/26] 日々のこと | | コメント(0)

鳴りやむことを忘れた星の . . 。 ・ * o  

                                                                 睦月十八日 居待月

愛の前触れ


今日の嵐のような風は 春一番だったんだろか

土煙で太陽が霞んでた


きのう

庭の梅の花が 蕾を咲かせた

一輪・・二輪・・三輪・・と*


あぜ道を歩くと

土はやわらいで 匂い立ち

ライラックの木も芽吹きをはじめてる・・*


今年もこの地に 春がやってくる


木々の間を吹き抜ける風が奏でる子守唄を聴き

草はらに寝そべってからだをあなたに預け

裸足であなたの温度を感じよう


そう

チョウたちはやってきて

愛の雫をまき散らしながら

螺旋を描いておどるでしょう


あなたの春に 無邪気にうたい

あなたの春に ともに踊る


すべてのものが

響いては響きかえし

響いては響きかえし

ハーモニクスを呼び合いながら

そうしてとうとう

鳴りやむことを忘れてしまった

青く光る ひとつの星


いちりん さいた あいのまえぶれ 






感じるものがあればクリックを。。クリックありがとう
[2008/02/24] | | コメント(0)

み ど り の ほ の ほ か な し む と 

                                                                 睦月十七日  立待月

高尾山山頂


地    み    そ
              
球    ど    ら
                             
の    り    に
                             
ひ    の    居
                             
と    ほ    て
                             
の    の     
                             
し    ほ     
                             
る    か     
                             
や    な      
                             
し    し     
                             
ら    む    
                             
ず    と    
                             
        


この前 高尾山に登った

風もあって寒い日だったけれど 

山頂に着くと風も止んでいて 太陽を近くに感じた 日焼けしそうなくらいに。。

もっとすっきり晴れていれば この山なみの向うに富士山がみえるはずなんだって
  

丹沢山塊から南アルプスが見渡せる場所の切り株に腰かけて

目を閉じた

木の切り株の上 お尻は地中の根っこに

頭は 太陽の光を受ける枝葉のように

まるで自分が高尾山山頂に立つ一本の樹のようになって

座ってた

あぁ・・・

樹も ひとも

天と地をむすぶ柱なんだね

光の柱だ・・・って

からだごと感じてた


目の前にひろがる山々を眺めながら
 
宮沢賢治の詠んだこの短歌を思い出していた


・・・・・そらに居て みどりのほのほかなしむと 地球のひとのしるやしらずや・・・・・


かなしむは 愛(かな)しむ

緑を湛えて美しく浮かぶ地球を みどりのほのほ と詠ってる


遠く宇宙(そら)の彼方から

緑の炎のごとき命を湛えたこの惑星を

こんなにも愛(かな)しんで見つめていることを

地球に住む人々は知っているでしょうか
  


たとえば今 この肉体を離れて

空の彼方に弾き飛ばされたなら

この地球が愛しくで恋しくて

帰りたいとわたしは泣くだろか。。。

あの人にもう一度触れたいと・・

花の香りを嗅ぎたいと・・

あの春の風にもう一度撫でられたいと・・

                            
そう思ったらこの地球という存在のなんて愛おしい。。

それはかみさまのなかに住んでいるのと同じことだ

そして地球の細胞のひとつぶのようなこのからださえも

愛しい気持ちになる

いつも置き去りにしがちだけれどね。。



いつからか地球との繋がりを絶って生きてきたわたしたち人類は

その長い断絶を超えて

いま ふたたび地球と ひとつの歌を奏でるときを

その合図のような 鐘の音に

気づき始めてるって 思えるんだ


love...
 
飛行機 山頂2 みどりのほのほ




感じるものがあればクリックを。。クリックありがとう
[2008/02/23] 日々のこと | | コメント(2)

i still love you 

2008.02.15夕刻






    
                                  す
                          日
                                  こ
                          が
                                  し
                          の
                                  だ
                          び 
                                  け 
                          た
                               
                          ね
                               
                           っ
                          
                          て



太 陽  見 送 っ た

二 月 ゆ う ぐ れ  
      


好 き な 絵 を 描 け る ね  

そ ら が  好 き に 絵 を 描 く よ う に


素 手 を す べ ら せ て

ど ん な 色 で だ っ て


こ ん な に も 自 由 に 

そ ら が 毎 日

飽 き ず に そ う し て る よ う に





感じるものがあればクリックを。。クリックありがとう


[2008/02/16] そら | | コメント(0)

新 作 「 レ ム リ ア の 風 」  ほか 

レムリアの風ロゴ

                      レムリア・・・

               なんて懐かしく愛しく響くのだろう...


                 レムリアから吹いてくる風・・・

                それは故郷の香りをたずさえながら

                 ハートを撫でに吹いてくる


                      それは

                 過去からでも未来からでもなく

                    今この瞬間にも

                 それを魂の故郷とするものたちの

                   こころをふるわせる



              花々の喜びのダンスにも似たこの振動こそ

                     ハートの答え



                 レムリアから届きつづける
 
                    その息吹が

               ふたたび地上へと響き 満ちる時を

             その夜明けを ともに紡ぎ夢見るものたちの

              まったく新しく そして懐かしい息吹を...

                   neo lemuriaを...

レムリア点火レムリア上レムリア正面

「レムリアの風」という名前のキャンドルができました。。

この土日は Euraにサイトの編集を手伝ってもらって
そして今日は一日部屋にこもって最後の編集作業

さっき ようやくサイトの更新ができました・・*

ほっ・・ うれしい。。

いま新しいコーヒーを淹れなおして来て
ひと息つきながら書いています
これを読んでいる人たちにも聞こえちゃうんじゃないだろうかというくらいの
大きなため息をつきながら・・^^

新しいキャンドルがやってきたのはどれくらいぶりになるんだろう。。。

ずいぶん長いことお休みしてしまったな。。

もうひとつの新作は「ハートの聖杯の炎」っていうこんなキャンドル
ハートの聖杯の炎
これは もう創るのをやめてしまっていたスピリットキャンドルっていうシリーズを
もう一度創ろう・・って思わせてくれたキャンドルです
このシリーズは 本物のクリスタルのクラスターから初めて型取りをして創ってみました
       「無条件の愛」            「紫の浄化の炎」
無条件の愛紫の浄化の炎

こちらは新しくなったミカエルとラファエル
ミカエルラファエル


このあとはメールマガジンの編集が待っているのだけど
頭の中は空っぽです。。笑

ちょっと疲れたけれど
長~い回り道のあとで
またこうして創りはじめられていることが
また始められることが
うれしくて。。。

わたしにできることを
わたしにしかできなことを
一本の糸を紡ぐみたいに
続けていきたいって思ってます

ありがとう

love...

私のホームページ


[2008/02/04] キャンドル | | コメント(0)





























































staying now since 2008.01.06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。