トップ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | | コメント(-)

仔猫 

。。。。。
ゆうべ真夜中に、真っ白な仔猫がわが家へやってきた。
夜、仕事中のマルゴがメールを寄こして
「控え室に白い子猫が捨ててある。“連れていって”って言ってるから、連れて帰るよ」って..
何だか夜中にそわそわと、急ごしらえの寝床を作りながら待っていたら、
ほんとに真っ白な猫。

うちには実家から引き取ったコロと言う犬がいて
そのコロは、きっと何かの血だろうとわたしは思ってるんだけど 
ほんとに他の生きものを寄せつけない性質・・。
それにこれから老齢に入っていくコロちゃんと、丁寧に時間を過ごしたかったから
他の生きものは迎えないでいようって、わたしはいつも言っていた。
でも今回だけは、その姿を見る前から、なぜだかわからないけど
うちに来る子だって直感して、何も思い惑うことなんかなく、迎え入れることになったのです。
(いま仔猫はわたしの膝の上で喉を鳴らして寝入るところ・・)

もしかしたらこの子は、数日前に見たあのオリオンからの届けもののような気がしてきて、
“オリオン”と名づけようか・・と今思いながら書いてます。
メールではメスだろうとマルゴは言っていたから、女の子の名前を色々考えていたのに、
わたしの見る限りこの子は男の子だよ。
この子、連れて帰ってくるときの車のなか、ずっと膝の上で静かに眠っていたそう..。
そしてうちでも、もうずっと前からいるような顔をしてここにいます。
(コロちゃん、受け入れてくれるかな。。)

以前うちにいた猫が使っていた猫用のトイレを、試しに物置から出してきて置いてみたら、
まだ猫砂を入れていない中で、砂を掻くような仕草をしたあとジーっとして、
ちゃんとその中で、用を済ませていました。
そして他の場所には一度も粗相をしなかった。
トイレの躾は出来ているみたい。
二ヶ月ぐらいにはなっているのかな。。
もしかしたら捨て猫じゃないのかな。
もしそうで、飼い主さんが探していたら返そうね・・などと話しつつ。。
だけどわたしはもう、この子のご飯代を稼がなきゃ・・とか思ったりしているのだ。
はーい


スポンサーサイト

[2006/10/31] 未分類 | | コメント(6)

日本を知りたい 

先日久しぶりにジュンク堂書店で長い時間過ごした。
近頃は本屋さんに足を運ばなくても、欲しいものはネットで買えるけど、
本屋さんに行くと、目的以外のものに出逢えるからいい。
用もなくぶらぶらしてる時に出逢える・・そういう運命の本ってある。
この膨大な量の中、わたしとの出会いを待ってる本が、この世のどこかにある・・
そんな音楽や絵画や詩がこの世のどこかにあって、見つけられるのを待っている・・そんな風に想像するのは愉しい。
だからあまり頭で選ばないで、わたしの存在そのものに選んでもらうようにして、
目はぼんやりと本棚を追っていく。
そうすると、ふっ・・って目に飛び込んでくることがある。

その日わたしの目に飛び込んできたのは、日本史や古代史や、日本の文化に関するものばかり。
(そういえば先日浅草を歩いたときも、扇子や和傘やかんざしの美しさに魅入っていたのでした。)
それから北斎の画集。これはいつか息子にプレゼントしたいな。
北斎の絵が一番かっこいいと以前言っていたことがあるの。
いつだったか、彼のこれからのことを話していたときのこと。
色々な選択肢をあげながら、その中で日本を離れて留学する可能性のこととかも話していたんだけど、
その時に「日本を極めたい」と彼は言ったんだ。
私が彼の年頃の時にもしも親から海外留学の話をされたら、喜んで日本を離れていたろうと思う。
でもとても確固としているんだよね。日本が好きなんだって。
小さい頃に色んなところを連れまわしてしまったからかな・・と思いながら・・^^
だけど日本やその文化の美しさに気づいていることがうれしかった。
浄瑠璃や歌舞伎や相撲や・・(まだ実際に触れていない世界がいっぱいあるね)そんなのも見てみたいって言っていた。

ほんとうに奥深い国に生まれて住んでいるよね・・人々の機微、奥行き。。
いま旅をするなら、わたしは日本の文化を旅したいな。
和服も美しく着られるようになりたいし、愛する人にも着付けてあげたい。
月夜に、愛する人を互いに歌に詠みあうんだよ・・なんて美しい。。

この国をもっと感じたくてたまらない。

日本人の髪や瞳はなぜ黒いのかしら・・
この星の一日はなぜこの国から始まるの・・
挨拶する時に相手に頭を下げるのはなぜ・・
なぜ禅はこの国で花開くことができたの・・


嗚呼、わたしの秋が更けてゆきます。
[2006/10/29] 未分類 | | コメント(0)

キャスター付き座椅子が欲しい日曜日 

 昨夜ちょっといたずらをしてしまいまして・・・。
少し高さのあるところからぴょんっと飛び降りたら、右足ピキンとなって。
その時は歩いて帰ってこれたのだけど、朝になったら立てない。
寝ている間もズキズキしてあまり眠れなくて、寝返りするのも痛くいたので、
もしかしたらと思ったけど、どうやらヒビが入ってるかな、痛いよぉ。
二階からお尻歩きで右足の下にクッション置いて降りてきたです。

 今日は進めておきたいことがあったのだけど無理かなぁ。。
でも、応急処置にバッチのレスキューレメディのクリームと、
オーラソーマのポケットレスキューとエーテリックレスキューを重ね塗りしたら、
涙ちょちょぎれるほどの痛さが和らいだよ・・すごいな。植物と鉱物の力。

 いまキッチンで息子が朝ごはん作ってくれてる♪うれしいな。。

 今日は撮っておいた写真をアップしようかにゃ。。
 読みかけの本も読めるにゃ。。
 お手紙も書こうかにゃ。。
 昼寝も出来るにゃ。。w

 

[2006/10/29] 未分類 | | コメント(0)

オリオン流れ星 

流れ星をみた
昨日の夜明け前
庭に出て空を見上げていたら

南の空に大きなオリオン座
この秋はじめて見る・・
オリオンが空にかかる頃
空気はもっと透明になって
わたしもすーっと透明になって
夜明け前の星空に見惚れていたら
すーって ほんの一瞬
光の線が走った

それはオリオンからの届け物みたいに





[2006/10/27] 未分類 | | コメント(0)

しゃぼん玉にことづけします 

しゃぼんだま1



しゃぼんだま2



しゃぼんだま3



しゃぼんだま4



しゃぼんだま5



しゃぼんだま6



しゃぼんだま7



しゃぼんだま8



しゃぼんだま9



しゃぼんだま10



しゃぼんだま11



しゃぼんだま12



しゃぼんだま13



しゃぼんだま14



しゃぼんだま15



しゃぼんだま16



しゃぼんだま17



しゃぼんだま18



しゃぼんだま19


感じるものがあればクリックを。。



[2006/10/22] 泡玉 | | コメント(2)

LOVE 








        http://www.youtube.com/watch?v=vr3x_RRJdd4








[2006/10/17] (((echo))) | | コメント(2)

かまわずあなた自身でありなさい 

be....yourself.......

ベッドの中でなんだかあふれてきて
携帯電話のメモ帳に書き留めていたんだけど
やっぱり起き出してこうして書いてます
朝になったら恥ずかしくなって消してしまうかな。。
(かまわずあなた自身でありなさい...)


もう何ヶ月も前にわたしが書いていた言葉を
ナビーンの日記の中にみつけた
その日 車のラジオから「TRUE COLOR」が流れてきて
とても胸の中に入ってきたから
自分なりの言葉に訳して..
そして・・つらい中にいたとても大好きな
大切なひとを 励ましたくて
それで日記に載せたもの..

そのときわたしが放った言葉が
巡り巡って
今度はナビーンを通して
それを必要としていた私のもとに届いた..

世界は そんな風に出来てるんじゃないだろうか

少し前にある人から届いたメール
「全ての人やものは全部繋がっていて、自分の思いや接し方が伝染して地球を一周してまた自分に還ってくるんだよ!だからまず一番近い人達や日常接する人に優しさと愛情を送ると争いや色んなことがなくなるよね(ハートマーク)」
普段そんなことを言葉にする人ではないのだけど
ふっと降ってきたんだ・・って言って..

そんなスピードで・・
自分の放ったことをこの星のどこかで誰かがキャッチして
誰かが放ったことを私が受け取って
そして宇宙をぐるっと巡って
目の前にまた還ってきてる

人々の放つものがこの地球を被ってる..

だからあちこちで起こっている争いや悲しみに
私は加担していたことになる

この星をなにで被うの? そう自問した時
答えは やっぱりたったひとつ..

わたしは愛します
そして・・もっと愛します

それを何かの枠の中にくくっておくことを
わたしはしません

わたしがくくることをしないでただ愛したなら
この世のどこかで制限が取り払われるでしょう

だれの妬みをも それを止める力を与えることをしません
(((かまわずあなた自身でありなさい)))
そしてもっと愛します 
それが私を生かすのだから

わたしが枠を外れて愛することを・・
あなたがそれを許してくれたこと・・
疑いの中に私を放り投げたこと・・

すべてに・・



言葉にならないままに・・




さりま



[2006/10/16] 未分類 | | コメント(2)

The Rescuing Hug 

Rescuing Hug

友達からこんな写真がまわってきたよ
「The Rescuing Hug ―命を救うハグ」という記事

この赤ちゃんは双子の未熟児で
ふたりともそれぞれ別々の保育器に入れられていました
ひとりの子は弱くて生き延びられないだろうと言われていました
ひとりの看護婦が 病院の規則をおして
この赤ちゃんたちをひとつの保育器に入れるよう説得をしました
一緒の保育器に入れられると
元気な方の赤ちゃんが 死にそうな方の自分の姉妹に
自然に腕を回してハグしました
すると間もなく弱っていた方の赤ちゃんの心音や
体温が正常になって その子は助かったのだそうです

なにかさ。。

抱きしめあうことって 
ほんとに
いのちを暖めあうんだね

以前アロマの学校へ行っていたときに
講師が話していたのだけど
子供が病気をして脈拍と呼吸のリズムが狂ってしまっているとき
お母さんがいっしょに添い寝してあげると
呼吸も落ちついて ずれていたリズムが整ってくるからって..

愛する人とハグするって シンプルで 
もうそれだけで生かしあえるんだね

抱きしめたい...

抱きしめられたい...

ハグしたい

ハグしよう

ハグしよう



感じるものがあればクリックを。。


[2006/10/15] (((echo))) | | コメント(3)

この星の今。。。ふんどしがたなびくのであります。。。 

褌学会

ふんどし天使 ついにYouTubeを席巻
んもう かっこいい~~
オープニングで褌の幟を掲げてるのが
わが親愛なるふんどし天使あまらです
http://www.youtube.com/watch?v=wE5csp9yHC0
らぶ らぶ 

ふんどし天使


感じるものがあればクリックを。。


[2006/10/14] 未分類 | | コメント(2)

もののうしろがわ 

pin up..大切なこと

カメラを持ってなにしてるのかな...って
ふとカメラを脇において庭を眺めていた

なにか みつけているのかな 

フィルターの向こうの・・
目に映るものの本質・・
言葉でとらえられないこと・・・


わたしにとって本当に大切なものを見極めてゆくと
きっともっとシンプルになって

それは大切な人が笑っていることや
何も難しい話はしなくても 何も知らなくても
同じ時間に共に喜んだり共に泣いたり
そうやってハートを共有することなんだなって...

先日は息子の誕生日で
(この12日に16歳になりました。。おめでとう・ありがとう)
いつものようにケーキを焼いたのだけど
生クリームがいつものより脂肪分の高いのを使ったせいか
電動泡立て器のスイッチを高速にしてホイップしたら
大きく膨らむ前にシュッって・・あっという間に固まってしまって・・
それでも使えないこともないのだけど
誕生日のケーキは母屋にも分けようといつもより大きい
スポンジの間に挟む分しかなさそう..

それでまた車を走らせて 今度は低脂肪の生クリームを買ってきたら
いくら泡立ててもホイップクリームになってくれない
「もっと冷やした方がいいんじゃないの?」とか
「ホイップしすぎると液状になるって書いてあるよ」とか
気づいたらみんなキッチンの中。。。

スポンジの上にゆるゆるのクリームをたらぁ~~って
あ~あぁ・・なケーキが出来た
それでも「上等上等」って。。

そんなドタバタケーキになっちゃったけど
2日おいて思い返すと ケーキの出来とかそんなことよりもっと
違うものを味わっていたんだな・・っていう

とても些細な・・なんでもない出来事だけど
わたしにとってはシンボリックな瞬間だったんだ


なにかそこで
私の中の硬い場所に
お湯が注がれたような気もしている

クリームが上手に立たなかったのは
なにかのいたずらかもしれないな・・って

とりとめないけど
そんな感じ

感じるものがあればクリックを。。


[2006/10/14] 未分類 | | コメント(0)

墨を磨る 

儀式

感じるものがあればクリックを。。

[2006/10/11] 光と影 | | コメント(0)

日記 

浅草橋1丁目

快晴

天気予報は 今日は暑くなると告げていたけれど
母から譲り受けてお気に入りのニットを羽織って出かけたら
窓の開かない電車のなかに差し込む陽射しに少し汗ばむ

電車を一度だけ乗り換えて浅草橋へ

大野一雄生誕100年を祝って編まれた写真集の出版に合わせて 
ゆかりの人たちの作品を集めた
『大野一雄生誕100年祭「頌・大野一雄」』を見に行きながら 
ぶらぶらと...

浅草橋から浅草までのふた駅分を
卸問屋の店々を覗きながら歩く

この界隈独特の空気

原色の・・洗練されていないものが並ぶ店先に
なぜだかインドの匂いがよみがえる

途中で入ったガード下の料理屋でビールを飲んだら
まだ明るい太陽に少し目が廻る

人々の営み・・・

こんなに渾沌とした世界が
ばらばらに散らばらずに
こんな風に機能している・・・不思議

そんなことをとりとめもなく...



帰り 駅の構内の本屋に立ち寄り『向田邦子の恋文』を買う





浅草橋 扉





感じるものがあればクリックを。。


[2006/10/11] 未分類 | | コメント(0)

懐かしい 

いま・・

とても懐かしい場所に行ってきた...


この人たちと

遠い・・・遠い昔

いっしょに

月を

見上げていたんだろうなぁ。。


きれいだね・・

きれいだね・・・って

言いながら


あぁ・・

なつかしくてきゅうってなる...


会いたいな...



感じるものがあればクリックを。。


[2006/10/10] うた | | コメント(0)

waltz. 

最期







最期





感じるものがあればクリックを。。


[2006/10/09] | | コメント(0)

秋でしね。。。 

あんにゅいころ
アンニュイ・・ころ。。。
More・・・*
[2006/10/08] 未分類 | | コメント(0)

飛行 

飛行






浮力






Dive to Blue



感じるものがあればクリックを。。


[2006/10/07] そら | | コメント(2)

空白 

ふるえるくらい寂しくて

それは静かな絶叫のように

わたしをとりまく


そんなことも時にはあって


そうなるとわたしはもっと無口になって

外に出たり人と交わろうとするよりも却って

内へ内へと入っていく


ちょうど蚕が繭のなかで眠るように

すっぽりとやわらかな膜で自分を被って

その中心を抱きしめるように眠る


小さなささやきを頼りに

(((すべては愛に還るよ))) と・・



さみしくてさみしくて

どんどんとさみしさの中に入っていって

ちょうど海の深くへ潜っていくみたいに・・

だからほんとはこわい


何も聴こえない

息の仕方もわすれてしまう・・


だけど

目は逸らさない

わたしは わたしを 愛する・・と

この命がささやくこと 

そのすべて・・見過ごさないように


だいすきなひとと触れて

ふるえるくらい喜んでる自分とおなじくらい

ふるえるほどのさみしさの中にあるときも

だきしめてだきしめて・・

不器用なままの

不完全なままのわたしすべて・・


いまは何か 外に向かうエネルギーよりも

中心へ中心へともどっていく


いま存在は私にそんなスペースを用意してくれて・・

まるで空白のような時間・・

空白

何にもなくて

すべてがあって



ふと思い立って『ルーンの書』をひらいたら

ブランク・ルーンのページにこんなことが書いてあった


     『ブランク(空白)』は終わりであると同時に始まりでもあります


      ・・・




      私はもう自分の外部の物事を変えようとはしません。
      それはみな、私自身の反映にすぎないのですから。
      私の内にある「ものの見方」を変えると、その新しく
      現れる態度によって、長い間かすんでいて見えなかっ
      た美しさを外のものが見せてくれます。内なるビジョ
      ンに集中すると、外に見えるものが変化します。私は
      生命の勇壮さに調和し、宇宙の完全な秩序と一致して
      いる自分を発見するのです。  ――ルーンの書より



あぁ・・なんて風だろう


感じるものがあればクリックを。。

      
[2006/10/07] 未分類 | | コメント(0)

大野一雄 

その人の舞踏に対して

何か言う言葉をわたしは持っていないけど

人はこんなに深く入っていけるんだ

入っていっていいんだって

許されたような・・

わたしにとっては衝撃の人



今も車椅子の上から

魂の舞いを続けていると言います


大野一雄生誕100年祭「頌・大野一雄」
http://kazuoohno-exhibition.com/topics/topics.cgi


大野一雄写真展『秘する肉体(からだ)』
http://kazuoohno-exhibition.com/01_exhb_info_01.html


感じるものがあればクリックを。。


[2006/10/06] | | コメント(0)

咲いたのね... 

fragile

咲いたのね...この星を。。。

More・・・*
[2006/10/05] | | コメント(0)

花のもとへ... 

花のもとへ...

                 まだ遊んでていいんですって...
More・・・*
[2006/10/05] | | コメント(0)

発光 

発光
More・・・*
[2006/10/04] | | コメント(0)

follow me 

follow me


[2006/10/02] 光と影 | | コメント(0)





























































staying now since 2008.01.06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。