トップ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | | コメント(-)

森が呼んでる))) 

echo)))

 鉱物、植物、動物世界の魂のレベルから私が受け取ったメッセージのなかで、樹木だけは声高に緊急を告げるメッセージを送ってきました。
樹木の天使は、人間が早く行動しはじめなければいけないと、強く主張しました。
天使の世界から見ると、地球の皮膚である樹木の価値と重要性に対する人間の認識を、徹底的に変える必要があるとのことです。
今という時代を思うと、彼らの言う緊急性には確かに根拠があります。
世界中で起こっている森林破壊は今、この地球そのものの命を危機にさらしているのです。

 樹木が地球に与えているさまざまな恩恵を、私たちは遠い昔から知っていました。
樹木は、土砂を固定し、水源のバランスを保ち、二酸化炭素を吸収し、多くの生きものに棲み家を提供しています。
さらに現在では、こうしたことから派生する効果についても、より正確にわかりはじめています。
木の伐採は、洪水や旱魃などの、自然災害と呼ばれている災害の原因です。
また、地球の呼吸器である森林の破壊は、温室効果をもたらします。
熱帯雨林は植物遺伝子の一大宝庫であり、こうした遺伝子は特に医療面で人間にとって非常に役に立ちます。
それなのに現在もまた、一秒間に二千坪以上の割合で、森林は破壊され、焼かれ、伐採されているのです。

 さらに、精神的、感情的なレベルでも、樹木には大きな影響力を持っています。木は存在しているだけで、落ち着き、平和、そしてあらゆる生命とつながるための学びを、私たちに与えてくれます。
樹木は独自のオーラ、独自の音と香りを持ち、私たちを快い気持ちにさせてくれます。
こうしたものがなくなると、私たちはバランスを崩し、感受性の発達が阻害されてしまいます。
木に寄りかかっていると、安らかな気持ちになったり、森の中に入ると大きな樹木に畏敬の念がわき、謙虚な気持ちになって無口になったりした経験は、誰にもあると思います。
ある時、樹木の精霊が私に教えてくれたのですが、大都市の周辺に大きな森があることは都市住民のためにすばらしいことだそうです。
森は、殺伐とした都市空間や騒音、悪臭などからの逃避と安らぎを人々に与えて、ストレスを解放し、精神的な健康を取り戻す助けとなるからです。
都市のなかにある公園もある程度の効果はありますが、一般にきれいに整備されすぎているために、自然の森林に比べると力がそれほど強くありません。

 樹木に対する私たちのひどい仕打ちにもかかわらず、樹木の精霊のメッセージは心の広やかな気高い精神に満ちています。
彼らは人間を、間違いを犯してはそれから学んでいる十代の子供だとみなしているのです。
そして人間の持つ大きな可能性を認め、私たちを勇気づけています。

 ディーバたちは、行動しなさい、あなた方が持っている力を使って、地球にバランスを取り戻しなさいと、私たちを元気づけています。
樹木のために今必要とされていることを実行するためには、私たちの考え方と、経済面でも社会面でも、社旗全体の組織を変える必要があります。
樹木は、人間が意思と想像力で恐怖心を乗り越え、時代遅れの組織を変えてゆくことが出来ると、信じているのです。
最後の原生林を伐採してしまった時には、私たちの近視眼的森林政策に終止符を打たざるを得ないということを、彼らは確実に予見しています。
その時がくれば、私たちは、今避けようとしている経済的ジレンマに直面することになります。しかし、今こそ、やり方を変え、新しい方策の模索が必要とされているのです。

 私たちの思いや感覚が持つ大きな力をもっと使うべきだとも、樹木は言っています。
これは、自分の全ての部分――肉体、感情、心、魂――を調和させて一つにし、直感によって行動が導かれてゆくということを意味しています。
そして、これこそが、人類の進化なのです。私たちは、自然の一部であるということを認め、自分もまたその一部である大いなる全体のために、全力を尽くす必要があります。

 心の内と外に耳を澄ますとき、私たちは自分が宇宙と一体であることを知ります。
おそらく、樹木はこの真理をもっとも良く伝えている存在でしょう。
彼らは私たちに日かげを与え、雨宿りをさせ、私たちの家の骨となり肉となってくれます。
長い歴史を通して、私たちは木と密接な関係を保ってきました。
今も、樹木は私たちが本当の自分自身を見つける手助けをしてくれます。
樹木の未来を守ろうではありませんか。
チェコの神学者コメニウスが1632年の書き記したように、「人間は書物からだけでなく、空、地球、かしの木、かばの木からも学び、賢くなるべきである」のです。
全ての生命のために、私たちの最大の可能性を使ってほしいと、樹木は私たちに呼びかけているのです。

                 ドロシー・マクリーン「大地の天使たち」から

echo)))

More・・・*
スポンサーサイト

[2006/07/31] (((echo))) | | コメント(0)

birdy 

birdy1




          なにも持たずにどこへ・・・・ ?








                   どこへでも・・・・





birdy2

[2006/07/28] うた | | コメント(0)

芙蓉の花が咲く頃に 

          
          芙蓉の花が咲く頃に


          やってくるひとがいる


          いま庭に出てみたら


          しっぽり雨に濡れながら


          大きな蕾をいくつもつけていたよ


          きっとあなたが来る頃に


          大きな花を咲かすでしょう


          花が咲くのを待ちながら


          あなたが来るのを待ってるよ




[2006/07/21] うた | | コメント(0)

母の独り言 

すっかり 大きくなっちゃって


小さかったあなたを


もいちど抱きしめて


みたいと想う ゆうぐれどきの


ひとの母







More・・・*

「雨の日の散歩は5倍楽しいの夏」 

             夏ならば

             晴れた日よりも

             雨の日の散歩は

             5倍楽しい

   
             雨粒は

             傘にぱちぱち当たるし

             水溜りはぴちゃぴちゃ言ってるし

             畦道をゆけば

             驚いた蛙が田んぼへ逃げていくよ


             時々傘を横にして

             顔をあげて口をあけたら

             雨粒 口に入ってくる!


             ビーチサンダルのままならば

             水溜りだって ぬかるみだって

             ばしゃばしゃ ぬるぬる

             出来ちゃうってわけ


             雨の日の散歩は

             たやすく幼子に

             なれるってわけ!




        
[2006/07/18] うた | | コメント(2)

アロマの虫除けスプレー 

虫除けスプレー


緑のそばに座ってるのが好きなんだけど
この頃は外に出ると 草陰に潜んでる蚊がすぐに寄ってくるからね。。

写真を撮る時などは シャッターを切るタイミングが合うまで
じっと動かずにいるので 吸われ放題です。。

以前教わったのを思い出して作ってみたよ 虫除けスプレー



とても簡単

アトマイザーにエッセンシャルオイルと水を入れてシャカシャカ混ぜるだけ

これだと水とオイルが分離するので使うたびによく振ってからスプレーします
もっとよく溶かしたい時は 水を加える前に 無水エタノールをほんの少し
エッセンシャルオイルとよく混ぜてから作ります

エッセンシャルオイルは 今日はシトロネラとレモングラスとゼラニウムをブレンドしたけれど 1種類でも大丈夫です
この香りには虫が寄ってこないのだって
香りが消えちゃうと効果がないのでこまめにスプレーした方がいいみたい
蜜蝋クリームにこのオイルを入れて作れば香りが長くもちます


オイルが合わないといけないので パッチテストしてみてね

赤ちゃんの肌には直接つけられないので 服やふとんに香りをつけておいてあげるといいかな。。


これを応用して虫除けキャンドルも作れるの
キャンドルの作り方もまた近いうちに載せますからね

これからキャンプや野外のパーティに出かける時にも
これを作っておいて 持っていこうと思ってます



今月末に埼玉の城峰山でこんなのもあるのだ。
http://www.brainbusters.info/



[2006/07/15] 未分類 | | コメント(4)

惑星のアンテナ(((古代蓮))) 

永い永い時を 地中深く眠り続け

そして およそ3000年もの時を経て

ふたたび地上に浮上してきた古代蓮


まるで永い約束を果たしにやって来てくれた友人のような

特別な想いをこの花に感じます


星の叡智を携えながら

惑星どうしを繋ぐアンテナのように咲いてる・・



今年も・・逢えてうれしい花いちもんめ♪ 


love... divine lotus

古代蓮1





古代蓮2





古代蓮3





古代蓮5





古代蓮6





古代蓮7





古代蓮8





古代蓮9





古代蓮10





古代蓮11





古代蓮14





古代蓮16





古代蓮17





古代蓮18





古代蓮4



[2006/07/12] 未分類 | | コメント(8)

そんな優しさ。。 

月夜の帰路


車を走らせながら 想う




 こういう優しさもあるんだね。。。




光の影に隠れて


人に気づかれることもなくて・・


けれど何よりも


支える力が大きいのかもしれないと。。




日本の人のスピリットの


深さを想う夜です



あじさいとんぼ


[2006/07/11] 未分類 | | コメント(0)

心のそらにすむ月は 

お十五夜1




     天の海に月の船うけかつらかぢ懸けてこぐ見ゆ月人をとこ  万葉集




お十五夜2





      夕暮れの空にふわりと白き月あなたはそこにおられたのですか  
                                 初田由喜子



お十五夜3





      てる月の流るゝ見れば天の川 出る湊は海にざりける
                                    土左日記




お十五夜4





       いかにせん山のはにだにとゞまらで心のそこにいでん月をば
                                   後拾遺和歌集




お十五夜5





       闇はれて心のそらにすむ月は西の山べやちかくなるらん  
                                   西行




お十五夜6








[2006/07/11] うた | | コメント(0)

おーい キムー! 

mixiで繋がっている方のブログで見つけたよ


さすが清志郎ボス☆

言霊ロックしてるね


北朝鮮で遊ぼ~ 楽しい北朝鮮♪
The Timers 90s: Imawano on North Korea; construction helmet



制裁なんてしないでほしい・・


それはあの国を


いっそう頑なにしてしまうだろうから






            いつかきっと みんな仲良くなれる~

            いつかきっと そんな世界が来るさ~

            差別も偏見も国境もなくなるさ~♪



                 お~い キムー!!


                 愛し合おうぜ~~~!

                         



[2006/07/10] 未分類 | | コメント(4)

手のことば 

訳あって 最近手話の勉強をはじめた


これからひとつひとつの音のサインを覚えていくのは

小学生が文字を何度も書き取って

ひとつひとつ覚えていくよりももっとずっと

時間がかかってしまいそうだけど・・・


手話ってとても表情が豊かなんだね


数少ないサインに気持ちを託して

相手に伝えようとしているのだから・・ね


愛している っていう手話は

片方の手の甲をもうひとつの手で撫でるようにするのだけど

ほんとに愛しい・・・!って言ってる。。




私がいま好きな 手のことば
                    「会う」
逢う


             「ありがとう」ありがとう



        「出逢ってくれて  ありがとう」


              ありがとう



    さあ 今日は ケーキを焼くよ
 
            あなたに出逢えたお祝いの


              
             



[2006/07/08] 未分類 | | コメント(10)

お十五夜の月や 神美らさ照りゅり 

月

曇りや雨降りがつづいていて 

何日もお月さまにお目にかかっていない。。


昨日から 大好きな奄美の島唄を

くりかえし聴いています


     八月(はちぐゎてぃ)やなりゅり 飛(とぅ)び羽根(ばにぃ)やねらぬ

     ハレ 兄弟(うとぅじゃ)片羽根(かたばにぃ)や 貸らち給(た)ぼれ


        一つある羽根や 愛(かな)しゃ背にくすぃてぃ

         ハレ 吾(わ)ぬや奥山ぬ かずらだすき


      お十五夜の月(てぃき)や 神美(かみぎゅ)らさ照りゅり

      ハレ 加那が門(しょ)に立たば 曇てぃ給ぼれぃ


奄美の唄者 朝崎郁恵さんの「うたばうたゆん」っていうアルバムに収められてる「ええうみ」という歌
このアルバムでは 奄美出身の母親を持つUAも参加しているの

対訳:
      八月が近づいてくるけれど着る物がありません。
      着飾りたいので、兄弟よ、片袖を貸してはくれませんか。

      私は山奥のかずらを取ってきて身にまとい、
      たった一つある着物は子供や愛する人に着せてあげたい。

      十五夜のお月様が神々しく輝き、照らしています。
      恋人が忍んで来た時には、少しだけ雲に隠れて欲しいのです。


愛らしいうた・・・



この人の歌を初めて聴いたとき――何年か前に出かけようとしていた時にテレビから流れてきたんだけど ひと声聴いた瞬間に その歌に引き込まれてしまって 出かけなきゃいけない時間のことも忘れて聴き入っていた


奄美の島唄

本州のものから見ると沖縄の島唄のうしろに隠れるように歌い継がれてきた奄美の島唄の存在は 元ちとせの登場で知った人が多いかもしれないけれど・・
この朝崎郁恵さんはひとつの声を発しただけでそれまでの歴史がぐわーって伝わってきちゃうような・・わたしのたましいには それは響いてくるような歌で・・

この時に 歌い手というのは シャーマンなんだと思った


タイプは違うけれど 以前なにかで中島みゆきが歌うのを見たときにも
そんな感じを覚えたことがある
あの歌い方はまるで 御魂鎮め・・御魂おくり・・のようだと。。


それにしても 奄美や 八重山の言葉の
なんて優しいんだろう・・大好き。。

八重山諸島に住む場所を探していた時期もあるのです



今日は七夕だね
 




   八月がやってくるのに 

   飛ぶための羽根を失くしてしまった

   兄弟よ 片方の羽根を貸してくださいな


   ひとつある羽根は 

   翼の折れてしまったあの人の背中に

   つけてあげたいの

   わたしは山奥でかずらを拾ってきて羽根にするから


   十五夜のお月さま・・

   なんて神々しく照らすのでしょう 

   けれどお月さま

   今夜は恋人が忍んでくるのだから

   少しの間 雲の向こうに隠れていては

   くださいませんか

               さりま語訳 ^^

月

[2006/07/07] うた | | コメント(2)

「サリー」それから「salimaになった日」 

あじさいのミツバチ

昨日 実家で暮らしていた犬が 亡くなった

亡くなった時間から 実家のそばに住む姉が報せてくれるまで
少し時間があったのだけど
連絡を受ける前から私はいつになくひどい頭痛がしていて
リビングで気を失うように眠ってしまっていた

詳しくは書かないけれど 頭を打ったのが致命傷だったらしい


体はとてもきれいなまま  息をしてるみたいだった・・


弟が知り合いの家から迎えた小さなチワワ
姪がサリーと名前をつけた
動物を飼うことを昔から好まない母は 初め嫌がっていたのだけど
結局一番可愛がっていたのは母で
サリーも臥せがちな母の布団の上に いつも寄り添うようにしていた

小さな命が
母の中にあって凍り付いていた何かを溶かして・・
サリーの体温が 彼女をここにいさせ
喪失の後の心のバランスを取り戻させてくれていたの

わかっているよ サリー・・ありがとう


今日はなんだか静かなんだ

サリーが色んなものを 光のもとに 

持っていってくれたのかって

思えるくらいに。。


サリー 

ありがとう。。。

たくさんの光に

包まれていますように・・・・・



* * **

そして
今日7月5日は
わたしがsalimaと呼ばれはじめた日

15歳でドロップアウトして
10代の終わりの年のこの日
さりまの旅がはじまった・・

そしてまた
ひと息ごと 
ひと息ごとの旅に出よう。。

とんぼの翅




[2006/07/05] 未分類 | | コメント(10)

だから人の手の産みだすものが好き 

sasayaki

oasis timeのfumieさんにお願いしていたピアス

3つとも天然石をヘンプの紐で繋げて編んであるの

そして わたしが金属アレルギーなのを知っていてくださったのか
どうなのか わからないんだけど
金具の部分をわざわざチタンに付け替えて送ってくださった☆

あったかいね。。

おかげで長く着けていられます・・ありがとう


(今この瞬間わたしの耳元でゆらゆらしてるのはこのHikarito tomoni*
水晶とフローライトのピアスです)
Hikarito tomoni


封を開けたとき ふあ・・って fumieさんの温度
見たら
タグも ピアスの台も カードもみんな手づくりで・・

だからわたしは人の手で創られたものが好きなんだ

人の手から人の手に・・

時間も手間もかかるけど・・ だから 好き

これから手づくりのものが主流になる時代が来る・・ふたたびね
わたしはそんな気がしています


kira kira moon


*来てくれてありがとう
今まであちこちに書き散らしたlogを 今このページにひとつに繋げています
2005年の7月から今年の5月までアップしたので
お茶のときに ぱらぱらと捲ってみてください*
[2006/07/02] 未分類 | | コメント(10)

往けり 往けり・・・ 

久しぶりにSNSにログインした



私たちひとりひとりのうちには

なんて途方もない宇宙が

ひろがっているんだろう


なんて尊くて・・




光の粒子が再会し


潮の流れはぶつかって交じりあい


また手を放し


散らばっていく・・



なにものもとどまらず


ゆえに美しく







ぎゃてい ぎゃてい

はらぎゃてい

はらそうぎゃてい

ぼじそわか



往けり


往けり


超えて往けり


全て超えて往けり





[2006/07/01] 未分類 | | コメント(0)





























































staying now since 2008.01.06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。