トップ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | | コメント(-)

ふんどし天使のこころ♪ 

ふんどし天使

麗しのふんどし天使のブロマイドが届いたよ・・・(爆

イカれてるイカしてるでしょ

藍のふんどしに麦藁帽 ヘンプのネックレス・・・これからの天使はこうでなくちゃ

羽がなくても飛べちゃうの♪

いっしょに添えられていたせいかつサーカスのCDは

きっと天使のテーマソングに違いない・・

せいかつサーカスでゆらゆら踊りながら

触れてまわるんだね♪


びりびりぼん♪びりびりぼん~♪



ふんどし天使は わたしのお薬です

もっとアップで写真を見せたいなぁ・・

いい薬になるよぉ・・きっと。。。w



        きみのうまれた あおいほし

        すみわたる つちと みずと ひかり

        たいようと つきが まじわっている

        たいようと つきが まじわるところ

                       「こころ」
       More・・・*
スポンサーサイト

[2006/06/27] 未分類 | | コメント(4)

死につづけ生まれつづける 

i am that i am

昨日の私はもうここにいない

昨日の私は死なせてやろう



過去に死につづけ

今に生まれつづける


さようなら


まともであろうとすることからも

過去に辻褄を合わせることからも

つかまらないほどに・・


それらは

いまこの瞬間を生きるのをゆるさないから

それは 魂の息吹を止めるから


種は種であることを超えてゆく ただ 

さなぎはさなぎであることを超えてゆく ただ 



             宇宙の月1日 KIN 180:黄色いスペクトルの太陽
[2006/06/27] 未分類 | | コメント(2)

水晶の月26日 KIN 177:赤い銀河の地球 

あさ


           蛙酔ひ 夜の粒子となつて啼く





           カーテンが孕んでしまつた白南風


あさ


[2006/06/24] 未分類 | | コメント(0)

水晶の月25日 KIN 176:黄色い共振の戦士 

iruka

             イルカの夢を見た

            大きなイルカが1頭

              海へと誘っていたよ

               一緒に泳いだ

           それなのに

             なんだかきゅうっと 

                   切ない朝だ

iruka
今日は図書館へ行ってこよう
予約していた本が用意できたって留守電に入っていたんだった
mixiのマグダラのマリアのコミュの中で紹介されていた『ナグ・ハマディ文書Ⅱ福音書』
この中にマグダラのマリアによる福音が書かれていると言うのであちこち探したけれど 絶版になっているらしいので県内の図書館から取り寄せてもらっていたのだ

去年あたりからずっとやって来ていたマグダラのマリア
その福音があったなんて・・


それから色の呼び名のわかる本も探してこよう
日本語の色の呼び名はほんとに多彩で情緒があって興味をそそられる
そして今 和の色に とても惹かれているんだ

さあ いい天気
 
太陽がうれしいな・・
[2006/06/23] 未分類 | | コメント(0)

水晶の月24日 KIN 175:青い律動の鷲 

ao


           なみだが出そうだから


             たまねぎを刻もう





[2006/06/22] 未分類 | | コメント(0)

水晶の月23日 KIN 174:白い倍音の魔法使い 

『麻の光 星の意図』

麻のひかり1




麻のひかり2




麻のひかり3




麻のひかり4




麻のひかり5




麻のひかり6




麻のひかり7




麻のひかり8




麻のひかり9




麻のひかり10




麻のひかり11




麻のひかり12




麻のひかり13




麻のひかり14




麻のひかり15




麻のひかり16




麻のひかり17

[2006/06/21] 未分類 | | コメント(0)

水晶の月21日 KIN 172:黄色い電気の人 

       与え  与えられる 

               ただ  それだけ

this very .............


[2006/06/19] 未分類 | | コメント(0)

水晶の月20日 KIN 171:青い月の猿 


drops



drops



drops



drops


[2006/06/18] 未分類 | | コメント(0)

 




hanabi





[2006/06/17] 未分類 | | コメント(0)

水晶の月19日 KIN 170:白い磁気の犬 

『あなたへ』

to you...

池の水が 鏡みたいに 空の蒼の色を真似てる
公園に住む水鳥が それに命を与える
光と影と表と裏
矛盾も無く 寄り添ってるよ
私たちがこんな風であれたら

愛 愛 本当の意味は分からないけど
誰かを通して 何かを通して 想いは繋がっていくのでしょう
遠くにいるあなたに 今言えるのはそれだけ
悲しい昨日が 涙の向こうで いつか微笑みに変わったら
人を好きに もっと好きになれるから
頑張らなくてもいいよ


瓦礫の街のきれいな花 健気に咲くその一輪を
「枯らす事なく育てていける」と 誰が言い切れる?
それでもこの小さな祈りを 空に向けて放ってみようよ
風船のように 色とりどりの祈り

愛 愛 それは強くて だけど脆くて
また争いが 自然の猛威が 安らげる場所を奪って
眠れずにいるあなたに 言葉などただ虚しく
沈んだ希望が 崩れた夢が いつの日か過去に変わったら
今を好きに もっと好きになれるから
あわてなくてもいいよ

愛 愛 本当の意味は分からない

だけど強くて

雨の匂いも 風の匂いも あの頃とは違ってるけど
この胸に住むあなたは 今でも教えてくれる
悲しい昨日が 涙の向こうで いつか微笑みに変わったら
人を好きに もっと好きになれるから
頑張らなくてもいいよ
今を好きに もっと好きになれるから
あわてなくてもいいよ

           ― to U Bank Band with Salyu

to you...




to you...


to Uの映像
[2006/06/17] 未分類 | | コメント(0)

 

       
         雨が上がったら

               自転車を漕いで

                   ルーペを買いにゆこう


            面白い遊びを

                  教わったから


            ting a ling

                  ting a ling



この頃は

よく自転車に乗ってでかけます

「雨が降りそうだから今のうちに・・」とか

今日のように雨降りの日には

急ぎの用でなければ

雨があがるのを待っている


いつか自分の自転車が買えたら

水色に塗り替えようか

雲の切れ間の空のような

雨の日の紫陽花のような



ともあれ・・・







Be Happy! my friend

ONE LOVE

[2006/06/15] 未分類 | | コメント(4)

水晶の月17日 KIN 168:黄色い水晶の星 

『World Peace & Prayer Day 2006』

wppd2006
           今年も夏至の日に集いがあります

              今年は「祈りのかたち」

                富士山での集い


インディアンはどんな行為でも、円環の中で行う。

そのとおり。

なぜなら、宇宙のチカラはいつも円環をなして働き、

それにしたがって、あらゆるものは丸くなる傾向を持つからだ。

その昔、私たちがまだ幸福で、力強い民族だった頃、私たちの力は、

自然の聖なる円から、生まれ出ていたのだ。

そして、そのチカラがたたれない限り、私たちの民族は、

栄えられないのである・・

「宇宙のチカラ」が行うすべてのことは、円環の中でなされる。

空は丸い。

私はどこかで、地球という星は、他の星と同じように、球のように

丸い、ということを聞いたことがある。

風が全力で吹くときには、旋回をおこす。

鳥は巣を作る。

鳥の宗教は、私たちのものと同じだからだ。

太陽は円を描いて上り、沈む。

月も同じだ。

その形も丸い。

季節もそうだ。

その変化は大きな円環をなして進行し、いつも以前の状態に戻って

いく。

人の一生もまた、子どもに始まり子どもに終わる円環をなす。

「チカラ」が働くものはすべてがそういう具合だ。

そこで私たちのテントも、鳥の巣のように丸く作られて、そこには

車座になってすわった。

それは民族の車座だった。

「グレート・スピリット」の意志に従って、私たちが子どもを育てた

たくさんの巣をつないでできた、それは大きな車座だったのだ。

              ―スー・オグララ族 エラン・ノワ

More・・・*
[2006/06/15] 未分類 | | コメント(0)

水晶の月16日 KIN 167:青いスペクトルの手 

『よかった。。。』


あなたの声が 

他の誰とも違っていて


あなたの言葉が

わたしのそれとは違っていて


あなたの匂いが

他の誰かと同じじゃなくて


よかった。。。


この世界が

正しいことだけで埋め尽くされていなくて


この世界が

ひと色だけじゃなくて


[2006/06/14] 未分類 | | コメント(0)

水晶の月15日 KIN 166:白い惑星の世界の橋渡し 



       溶かして 固めて


          溶かして  固めて

      
       流して 固めて 象って


   
         たまらなくなって 踊りだす


           声を上げる



         くるくる  くるくる・・


               スーフィのように



            木の葉のように



             光速の蔦のように



            これが私 ・・・ !




[2006/06/13] 未分類 | | コメント(0)

「今年も」                  十三夜 

            


               灯りはじめたよ


              キャンドルスケープ


             世界地図の上に

            だれかがポストしたメッセージが

              浮かび上がってくるのが好き


  
[2006/06/10] 未分類 | | コメント(0)

水晶の月12日 KIN 163:青い共振の夜 

『Love is a flower..』

ゆうべ星空を見上げた時に想像していたよりも もっと 明るい朝

家族がつけたままにしていったラジオから
ベット・ミドラーの「ROSE」が流れてきた

存在は聴かせてくれる すぐにそれとわかるやり方で・・


* * *


人はいう
愛とは河・・柔らかな葦を溺れさせると

人はいう
愛とは剃刀・・血を流す魂を置き去りにすると

人はいう
愛とは飢えだと・・絶え間なく疼く

けれど私は言おう
愛とは花だと・・・そしてあなたは その種


ハートが傷つくことを恐れていたなら
踊ることをおぼえることもないでしょう

夢から覚めることを恐れていては
チャンスを掴むことさえできないでしょう

奪われることを厭うなら
与えることも出来ないでしょう

死ぬことを恐れる心は
生きることを知ることさえない


孤独な夜 道は果てしなく遠くて・・

愛とは 強くて運のいい人だけのもののように思えるでしょう

でも 思い出して・・

冬の凍てつく雪の下 じっと眠る種を

やがて春の陽の恵みを受け

 それは花開く薔薇となることを。。

* * *           


今日引いたカード・・Flowering/開花
Flowering
禅は、あなたに生きることを望んでいる。豊かに生きること、全面的に生きること、強烈に生きること――キリスト教が望んでいるように最小限ではなく、最大限に、あふれ出るように——。
あなたの生は他の人たちに 届かなければならない。あなたの至福、あなたの祝福、あなたのエクスタシーは、種のようにあなたの内側に包み込まれたままではいけない。それは花のように開き、その芳香をあらゆるものたちに広めるべきだ――友人だけではなく、見知らぬ人たちにも。
これがほんとうの慈悲だ、これがほんとうの愛だ――自分の光明(エンライトンメント) を分かち合うこと、 彼方なるものの、あなたのダンスを分かち合うことだ。
   ―Osho Christianity, the Deadliest Poison and Zen

解説:
「虹のクイーン」は、その開花と色彩が極致に達したファンタスティックな植物のようです。彼女はとてもセクシャルで、活き活きとし、可能性に満ちています。愛の音楽に合わせて指をはじき、 黄道十二宮のサインをかたどったネックレスを“ヴィーナス”が ハートの上にくるようにして掛けています。衣のたもとには種がたくさん入っていて、風が吹くと播き散らされ、どこかに根を下ろすことでしょう。その種が土の上に降りるのか、それとも岩の上なのか、彼女は気にしていません――生と愛の純然たる祝祭から、その種をあらゆるところに広めているだけなのです。上からは彼女自身の開花と協和して花が降り注ぎ、彼女が坐っている花の下では感情の水が楽しげに渦を巻いています。まさに今、あらゆるところから祝福が降り注ぎ、あなたは花園のように感じているはずです。蜂たちを迎え入れ、鳥たちを招待して、あなたの甘露を飲ませてあげましょう。分かち合うために、あなたの歓びをまわり中に広めましょう。More・・・*
[2006/06/10] 未分類 | | コメント(2)

水晶の月10日 KIN 161:赤い倍音の竜 

『銀の海』

silver shining

朝に向かって 手を伸ばし ぐんと伸ばし


額は天を仰いで


足は大地に伸ばし ぐ~んと伸ばし


それは 木々の目覚めのように


目を閉じればこの体は どこまでもどこまでも


ひろがっていく・・

silver shining2


大きな息を吸い 大きく息を吐き


私は粒子となって


そう 銀の海へとゆこう


いつか聴いたあの銀色の音を頼りに


銀の河にすべりだそう


・・星々がこすれあう旋律・・


わたしはそこからやってきたのだから


星のきらめきが聴こえる場所

silver shining3


この手も この目も この耳も・・


銀の海へ散らばして


銀の粒子となろう 

silver shining5

なににも触ることなく すべてに触れられる


音の


粒子へ

silver shining6


[2006/06/08] 未分類 | | コメント(0)

水晶の月8日 KIN 159:青い電気の嵐 

『きゃんどる・・灯しましょう』

きゃんどる・・灯しましょ。。




       きゃんどるや・・まもなくオーダーを再開します 




              きゃんどるを  


                  灯しましょう・・・





                      6・6・6(ミロクの日に・・love)
                      Venus Angelight
[2006/06/06] 未分類 | | コメント(2)

水晶の月4日 KIN 156:黄色い宇宙の戦士 

『Is Rokkasho Next?』           



         NUCLEAR BLUE - 核に蝕まれる地球



六ヶ所村にある核燃料再処理工場による、放射能汚染の問題を世界に知らしめるために、坂本龍一氏が立ち上げた
[STOP ROKKASHO]
この中で見つけた森住 卓さんの写真による作品です。

目を伏せてしまいそうな現実、けれど目は逸らさないでそして乱されないで、この地球上で起こっていることを―知ろうとすること― をしていこうと思いました。

他のアーティストの作品も続々とアップされはじめたので、
覗いてみてください。


STOP ROKKASHOのサイトは、この問題を世界に知ってもらうことが目的なので、英文なのだけど、今、日本語への訳をしていて、さらに充実した内容になるということです。

けれど映像や音楽は、言語を越えているから・・・
ほんとに大きな力があるよね。。。




坂本龍一です.

本日、みなさんの貴重なお時間を頂戴して訴えたいのは、
青森県六ヶ所村にある核燃料再処理工場による、
甚大な放射能汚染についてです.

なんと、この再処理工場からは通常の原発から出る
放射能の一年分が、一日で出るというのです.
美しい縄文の地と恵みをもたらす三陸の海が汚され、
その被害は何百世代先にまで及びます.

こんな異常なことがまかりとおっていることが、
にわかには信じられません.しかし、もっと問題なのは
ほとんどの人がこの事実を知らないということです.
これは大手メディアに責任がありますが、PSE法については
あれほどリアクションがあったのに、もっと重大で
命に関わるこの問題については、社会全体が奇妙なほど
静かなのです.そこでぼくはインターネットと音楽をもって
世界にこのことを知らしめようと思いました.

ぼくと、若い友人である日本人ラッパー、shing02は今、
音楽を制作中です.ぼくたちはその音楽をwebに載せ、
人々がそれを自由にダウンロードし、リミックスし、
サンプリング、リサイクル、リモデルなどをして、
再処理工場のことが世界に広まるように、クリエイティブ
コモンズのライセンスを取得するつもりです.

幸い、友人のクリスチャン・フェネスが賛同し、音を
ダビングしてくれましたし、また英国の有名なデザイナー
であるジョナサン・バーンブルックはwebサイト
(www.stop-rokkasho.org)のデザインを引き受けて
くれました.そこでは、人々が音楽を聴き、ダウンロード
をし、またビデオを見たり、六ヶ所再処理工場について
もっと情報を得ることができます.

みなさんにもぼくたちと共に、音楽、写真、動画、
美術作品、詩など、どんなジャンルでもけっこうですので、
寄付していただくことを呼びかけたいのです.そうする
ことによって、世界がこの問題を知ることになり、ひいては
危険な再処理工場が止まることを願って.ちなみに、ぼく
たちにはどんな財政的な基盤もありません.これは人々に
気づいてもらうことを目的とした、100%ボランタリーな
活動です.

みなさんの貴重なお時間をさいて、これを読んでいただき、
またこの問題を考慮していただいたことに感謝して.

坂本龍一拝

stoprokkasho@gmail.com
--
+++++++++++++++++++
s a k a m o t o
www.sitesakamoto.com/
blog.sitesakamoto.com/

p e a c e






この惑星は愛されなければならない。

この惑星は喜ばれなければならない。それは贈りものだ。

この身体にはあまりにも多くの神秘が含まれているから、

ブッダですらこの身体がなければありえない。

この身体はもっとも大きな可能性―

―ブッダフッド、ニルヴァーナの寺院になる。

この身体は愛されなければならない。

この地球は愛されなければならない。

          ―Osho


3.June/mixi
[2006/06/03] 未分類 | | コメント(0)

水晶の月3日 KIN 154:白いスペクトルの魔法使い 

ストップ・ロッカショ

六ヶ所再処理工場を止めるために音楽家の坂本龍一さんが立ち上げたサイト

              STOP ROKKASHO

<< メッセージ from 坂本龍一 >>

これは、青森県六ヶ所村にある核燃料再処理工場の危険性を、インターネットと音楽やアートで世界に知らしめるための活動です。僕自身も勉強しながらですが、まずは問題を知ってもらう事、そのために出来る事を始めました。

そして、坂本さんのイニシアチブに答えようと、大学生や市民、NGOメンバーが動きはじめました。6月4日、9日にイベントを企画しています。特に、若いみなさん(未来世代のお父さん・お母さん)の参加を歓迎します。一緒に学び、行動しませんか?

■6月4日(日)
 「STOP ROKKASHOナイト~坂本龍一さんを囲んで」

 時間:18:00~19:30
 会場:明治学院大学横浜キャンパス(JR戸塚よりバス10分)

 定員:抽選100名
 申込:Eメールoffice@sloth.gr.jp またはFAX03-3638-0534まで、
 お名前・ご連絡先・人数・原発や六ヶ所再処理問題に関して思うこと
 を書いて送ってください。

 申込締切:5月30日(火)。(5/31以降、抽選結果をご連絡します)
 お問合せ:ナマケモノ倶楽部事務局。
 tel/fax 03-3638-0534 info@sloth.gr.jp
 (明治学院大学への問合せはご遠慮ください)


■6月9日(金)
 「脱原発カフェ ストップロッカショ」

 時間:18:30開場、19時~21時
 会場:明治学院大学白金キャンパスアートホール(JR品川駅よりバス10分)
 ゲスト:田中優(未来バンク代表)、古長谷稔(『放射能で首都圏消滅』著者)、
 もりばやしみほ(hi-posi)、Oto(サヨコオトナラ)、中村隆市(スロービジネス
 スクール校長)、藤田和芳(大地を守る会会長)、藤村靖之(非電化工房主宰)ほか

 司会:辻信一(100万人のキャンドルナイト呼びかけ人代表)
 小野寺愛(ピースボート)


主催:ストップロッカショ・ジャパン
問合窓口:ナマケモノ倶楽部 http://www.sloth.gr.jp
 〒136-0072東京都江東区大島6-15-2-912
 tel/fax 03-3638-0534 info@sloth.gr.jp





青森・六ヶ所へのポトリから


知ることは生きること  坂本龍一(音楽家)
つい黙っていられなくて発言します。六ヶ所村の再処理工場からは、なんと1日で通常の原発1年分の放射能が出ます。言い換えれば、六ヶ所村に原発が365基できたのと同じなんです!

これを誘致し、アクティブ試験を開始させた青森県の三村知事は「国が安全だと言っているから安全だ」と言っていますが、県民と産業を守るべき知事がこんなことでいいのでしょうか。
試験は始まってしまいましたが、1日で放射能が1年分ですから、1日でも早く中止させた方がよいですね。あきらめずに、中止させましょう。

何ができるか分かりませんが、ぼくたちartists' powerも考慮中です。「天下の悪法」PSE法を実質的に無化したように、やれば何かできると信じて…。

一番問題なのは、ほとんどの人がその危険性を知らないことです。ここでも「知ることは生きること。無知は死につながる」のですね(これは、2001年にぼくたちが『非戦』という本を共同編集した時のモットーです)。







[2006/06/01] 未分類 | | コメント(0)

We've laughed and cried.  


はじめまして って言うよりは

久しぶりだね 元気にしてた?

って

そんな風に言う方がぴったり来るねって

最近 そんな話をしていた


こんなところにいたんだね

今までどんな風に生きてきたの?って

そこで 光を放っていてくれたんだねって


こんなにたくさんの糸が 絡まったりしないで

今この瞬間に繋がれたことが愛しいよ


♫  ♬   ♫   ♬

先日 大好きな大好きな友達に会いに行ってきた

彼女とも最初からそんな感じで 最初からあまり言葉がいらなくて

ただそこに ここに

互いが存在することを 確かめるみたいな

そして ただ存在することを祝いあうような

乾杯・・って言って

うるうるしたり けらけら笑いあったり

どうして出逢えたんだろうねって


去年のAP Bank FesのDVDを見せてくれて・・

ミスチルの桜井さんがBank Bandをバックに

ゆっくり歌い始める HERO

それから 糸


共に涙して


全部が全部が ばかみたいに愛しくて


彼女もいつか書いてくれた糸の歌詞




なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつめぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない
どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 ふたつの物語
縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない

なぜ 生きてゆくのかを
迷った日の跡のささくれ
夢追いかけ走って
ころんだ日の跡のささくれ
こんな糸が なんになるの
心許なくて ふるえてた風の中
縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばうかもしれない

縦の糸はあなた 横の糸は私

逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます





          ひさしぶり

              元気にしてた?



        





[2006/06/01] 未分類 | | コメント(0)





























































staying now since 2008.01.06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。