トップ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | | コメント(-)

それが何だと言うんだろう 


たまにロックンロールを浴びるようにボリューム上げて聴きたくなる

第2チャクラに関係があるのだとか誰かちゃんが言って種

特定の食べ物を体が無性に欲するように

特定の音を欲するってあるかもね



9月に入ったあたりから

たくさんの転生の記憶がやって来ていた


ほんとうに・・

またこうして生まれてきたのが信じられないくらいの生を

生きたんだね

こんなナンセンスなことばかり魂に刻んできたなんて

我ながら本当に物好きだ(究極のM・・かも)

こんな途方もないほどのパターンを繰り返し演じてきたなんて

救いがない気さえした




だけどね

それが何だって言うんだろう


それでもこうして

ただただ愛だけを頼りに

やってきたよ

こんなに真っ直ぐ・・・



たまにこうしてロックンロールを浴びるように聴きたくなる

その音にまかせて踊る

な~んだ・・・・・と思う

あほくさ・・・・・と思う

こうして踊れるだけで

他に何が必要だというんだろう


ふたたびそれが繰り返されたとして

それが何だと言うんだろう


探し物なんて最初から ありはしない

私は金輪際 探さない

生きてる意味なんか



LOVE!!!

スポンサーサイト

[2005/09/30] 未分類 | | コメント(0)

水のゆくえ 


私たちが水ならば


私たちはどこにも行かないんだね


蒸気となり 雲となり


雨となり 大地となり


[2005/09/29] 未分類 | | コメント(0)

。 。。 

              
Love

渇きはいい
希求はいい
痛むハートはいい

なぜならば、神は涙のヴェールの向こうからやってくるのだから
とことんまで泣くがいい
あなたがいなくなって涙だけがあとに残るほどに――

もし涙のみが残り
泣く者が消滅したならば
そのとき、神はみずからおいでになる

わたしがあなたを引き留めることをせず
あえて行かせたのはそのためだ
あなたが後悔するだろうことはわかっていた
が、このような涙にはそれなりの役割がある
世の中に涙より深遠な祈りがあるだろうか?

             ――OSHO


[2005/09/23] 未分類 | | コメント(0)

まわりじゅうの美しさと・・・ 


         

     私の前方の美しい光景よ、どうか私を歩ませてください


     私の後ろの美しい光景よ、どうか私を歩ませてください


     私の上方の美しい光景よ、どうか私を歩ませてください


     私の下方の美しい光景よ、どうか私を歩ませてください


     私を取り囲むすべての美しい光景よ、どうか私を歩ませてください


            ――ナヴァホ族のシャーマン、クレッゼ・ハタルの詩




先日の「窪塚洋介のネイティブ・アメリカン紀行
~魂に触れる旅聖なる大地へ~」の中では
こんな風に読まれていました

        美しさの中を 私は歩む


        前にひろがる 美しさといっしょに 私は歩む


        後にひろがる 美しさといっしょに 私は歩む


        下にひろがる 美しさといっしょに 私は歩む


        上にひろがる 美しさといっしょに 私は歩む


        まわりじゅうの美しさといっしょに 私は歩む


        美しいものの中で   それは終わる


[2005/09/19] 未分類 | | コメント(0)

おまえこそが月なのだと 

        
すべての暖かい夜

月光の下で眠れ

その光を、一生をかけておまえの中に取り込むのだ

おまえはやがて輝き始め

いつの日か

月は思うだろう

おまえこそが月なのだと

       ――クリー族のことば



[2005/09/19] 未分類 | | コメント(0)

和するとき 


今回の満月・・・
地球と太陽が9年ぶりに大接近しています。
同時に水星と太陽と地球と月が今、空に直線を描いています。。。

たくさんの仲間たちの祈りがこの地球を包み
宇宙に放たれています。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=2100066



私は昨日、一色海岸にいました





この月満ち この星・・人々を・・遍く照らす

光の差し込むことのなかった闇の深くさえ

この月 統べる・・・

それは一なるものへわたくしたちを呼び戻すひかり

ばらばらに散ったわたくしたち和するとき

和するとき


love..


[2005/09/18] うた | | コメント(0)

コントロールの外 


すべての行為が



祈りであるなら



声を張り上げなくてもいい と  思う



野に揺れ



誰にともなく香りを放つ花々のように



ここにいるだけで



私たちはきっと



祈りだから



         花々はコントロールの外にいる



[2005/09/13] 未分類 | | コメント(0)





























































staying now since 2008.01.06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。