トップ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | | コメント(-)

この歌がずっと流れてる . . 。 ・ * ゜What a wonderful world 

                                                              如月四日
この何日か エンドレスで流れてる歌があります

ハワイアンの歌い手IZの歌うこの歌

日記に流すまで鳴りやむつもりはないみたい・・・笑

今朝も きのうの朝もそう



きのう月曜日は 早起きしなくていい日で

窓の外では雨の降る音がしていて

ベッドの中で猫のさんちゃんと

優しい雨音を聴きながら

地球の鼓動を感じていました...


「わたしが地球なら・・・」

そんなことを思いながら

わたしもその歌を 鼻歌にしてうたってた


ようやく起きだして階下に降りていくと

先に起き出していた家族がつけていたラジオから

サッチモが唄うWhat a wonderful worldが聞こえてくる

最近この歌が あちこちで流れている気がするの 

そう思いませんか?





わたしが地球なら


わたしを流れるあちこちの河に 

動物や人々がやってきて

澄んだ水をそのまま掬って飲んでいる


そんな姿を夢見るでしょう


わたしのからだのあちらこちらから

人々が笑いさざめく声は絶え間なく・・・


子どもたちは雨を喜び

水たまりをパシャパシャ跳ね上げて


犬も猫もライオンも羊も人も鳥も蝶も

わたしの樹の下にやってきて ともに憩う


木々は緑に輝き バラは赤く咲き誇る・・

この歌の世界みたいに



http://www.youtube.com/watch?v=PL-uL2M3xvM&feature=related


Somewhere Over the Rainbow/What a Wonderful World 
                       -Israel Kamakawiwo'ole


Somewhere over the rainbow
Way up high

And the dreams that you dreamed of
once in a lullaby

Somewhere over the rainbow
Blue birds fly

And the dreams that you dreamed of
Dreams really do come true

Some day I'll wish upon a star
Wake up where the clouds are far behind me

Where troubles melts like lemondrops
High above the chimney tops
that's where you'll find me

Somewhere over the rainbow
Blue birds fly

And the dreams that you dare to, Why, oh why can't I?

Well I see trees of green and red roses too
I watch them bloom for me and you
And I think to myself 
・・・What a wonderful world !・・・

Well I see skies of blue, and I see clouds of white
and the brightness of day

I like the dark
And I think to myself ・・・What a wonderful world !"・・・

The colors of the rainbow so pretty in the sky
are also on the faces of people passing by
I see friends shakin' hands singin' "How do you do?" 
They're really saying "I...I love you"

I hear babies cry and I watch them grow
They'll learn much more
than We'll know
And I think to myself "What a wonderful world !"

Someday I'll wish upon a star,
wake up where the clouds are far behind me
Where troubles melts like lemondrops
High above the chimney tops that's where you'll find me

Oh, Somewhere over the rainbow
way up high

And the dreams that you dare to,
Why, oh why can't I?












感じるものがあればクリックを。。クリックありがとう
スポンサーサイト

[2008/03/11] うた | | コメント(2)

観音さま。。。ひとつこころに。。。 

観音さま。。。

そう囁いて手を合わせる


新しい一日を

その細やかな振動に包まれて

目を覚ます


昨夜 眠りに就くときからも

眠りに就いてからもたぶん

きっと人が愛と呼ぶ この振動に

こうして包まれて

守られていたんだろう。。



この頃 観音さまを 感じる

近くに・・っていうのとも違う

心の中に住んでいる・・というのもちょっと違う

言葉を探すなら

ひ と つ こ こ ろ



・・・ひとつこころのものなれば・・・



この

途切れることのない

途切れたことのない

細やかな潮流に揺られ

子守唄のように胸を撫でられ

圧倒されて

わたしはただ

手を合わせるしか知らない

ひとりでに涙がこぼれるのを

そのままにするしか知らない



胸の前の真ん中で

ふたつの手を重ね合わせるのは

何かを願い祈るというよりも

こころ ひとつに 合わせることだと


なにか外側の存在に向かってと言うよりも

内側へと

ハートの奥 深くに つながることだったのだと

今日 目覚めて そう思う


きっと

すべてのものと

繋がれる場所


幾生も 生まれてはこうやって

手を合わせつづけてきたんだろう って思う。。




いつかも観音さまを想って

どこかに書き綴っていたはずと

探したらこんなのが出てきました



September 25, 2005 「その手に・・ 」

その手に


          その手に触れられていたのでしょうか

                       いつの日にも


     初めて恋をしたときも

                闇の中に溶けて消えたいと 私が願っていた時も


       ひとすじの旋律となり

             背中をあたためる陽の光となり

                   花々から放たれる香りとなり

              愛するひとの声となって


        片時も途切れることなく

                 私はその手に

             抱きしめられていたのでしょうか



one heart...


1月30日 うれしいフィードバックを見つけました
http://now.ohah.net/naveen/diary/20080130.html
http://now.ohah.net/naveen/diary/20080129.html
ありがとうナビーン。。

感じるものがあればクリックを。。クリックありがとう

[2008/01/29] うた | | コメント(0)

『 時 の 果 て か ら 』 

2008.1.夕刻 キャンドルライト


時の果てに立ち

わたしは呼びかける

かつて 時の始まりに

旅を決意したあなたへと・・


わたしの涙は知っている

遙かな時を超えて

あなたもまた歌い続けてきたことを

あなたが絶やさず灯しつづけてきた炎を


時の果てから

時の果てへ

その旋律は

魂の闇夜にも

嵐を潜り抜けている時にも

絶えることなく

この星とともに

地上の者のいのちを被い

わたしたちを呼ぶ声となって

片時も途切れることなく

ハートの真ん中に注がれ続けてきたことを


だからわたしはうたう

時の果てから

時の果て

ひとつにつなぐ旋律を


ひとつに溶ける旋律を





感じるものがあればクリックを。。←クリックありがとう


[2008/01/17] うた | | コメント(0)

冬至のキャンドルナイトに寄せて。。 

2007年冬至キャンドルナイト


今日は太陽が新しく生まれる日

巡り 呼吸し合う 私たち

3年前に書いた言葉を

今日また ここに残したくなったんだ



-- -  -   -    -     -          -     
     


そうか・・・

そうなんだ

木は酸素を吐き出し 私たちはそれを吸い込み

私たちは二酸化炭素を吐き出し 木はそれを取り入れる


木を吸って

木は取り入れて

すべてが すべてを 呼吸しあって

そうやって 私たちは 交じり合ってる


ならば 

ならば

ならば

この大気は全てを知っている・・・!



雨が降ってる

果てることない 循環の途中で


この雨は

山の記憶を

海原の記憶を

野原の ガンジス河の

ヒマラヤの氷河の

人の涙を

嘆きを

歓びを

夕日が沈む音を

雷鳴を

虹のきらめきを

花々の歓喜を

その全ての記憶を

宿している


その雨を飲む



わたしだけのものなど

どこにもない



私たちは ひとつの海だ

私たちはひとつの詩を共有し

ひとつのダンスを共有し

ひとつの意識を共有している


応えはここに描かれている

あぁ・・・  ここは ロゴスの海だ


あぁ・・・  なんてはてしない


途方もない


途方もない


2004.12.04





感じるものがあればクリックを。。

[2007/12/22] うた | | コメント(2)

目覚めの音に耳を澄ませて 

これは

よろこびのハミング?


かすかに

ハートをふるわせるのは?


これはあなたの歓び?

わたしの歓び?

この星の歌?


わからない

どちらでもいい

どちらでもおなじこと




すべての虫たちが

おのづからその時を知り

さなぎを脱ぎ棄て

羽を震わせてるような


この目覚めの音が

聴こえてくるよ。。。




私のホームページ

[2007/12/12] うた | | コメント(0)





























































staying now since 2008.01.06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。