トップ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | | コメント(-)

天台宗トップの住職 チベット問題へ声明 


http://www.youtube.com/watch?v=BjlbL0j_qQ8&eurl

youtubeの映像は削除されることも考えられるそうですので
声明文をテキストで残します

取り急ぎ




以下、声明文



いま私たち日本の仏教者の真価が問われています。

チベットでの中国の武力行動によって、宗教の自由が失われる事に、心から悲しみと止むに止まれぬ抗議を表明せずにはいられません。
私たちはあくまでも宗教者、仏教者として僧侶をはじめとするチベット人の苦しみをもはや黙って見過ごす事ができません。

チベット仏教の宗教的伝統をチベット人の自由な意思で守ると言う事が大切な基本です。
皆さんは日本の全国のお坊さんがどうしているのかとお思いでしょう。

日本の各宗派、教団は日中国交回復の後、中国各地でご縁のある寺院の復興に力を注いできました。
私も中国の寺院の復興に携わりました。

しかし、中国の寺院との交流は全て北京(政府)を通さずにはできません。
ほとんど自由が無かった。これからもそうだと全国のほとんどの僧侶は知っています。

そして日本の仏教教団がダライ・ラマ法皇と交流する事を北京(政府)は不快に思う事も知られています。

あくまでも、宗教の自由の問題こそ重大であると私は考えています。

しかし、チベットの事件以来、3週間以上が過ぎてなお、日本の仏教会に目立った動きは見られません。
中国仏教会が大切な友人であるなら、どうして何も言わない。しないで良いのでしょうか?
ダライ・ラマ法皇を中心に仏教国としての歴史を重ねてきたチベットが今、亡くなろうとしています。

私たちは宗教者、仏教者として草の根から声をあげていかなければなりません。

しかし、私の所属する宗派が中国の仏教会関係者から抗議を受けて、私はお叱りを受ける可能性が高いし、このように申し上げるのは私たちと行動を共にしましょうという事ではないのです。

それぞれのご住職、壇信徒の皆さんがこれをきっかけに自ら考えていただきたいのです。

オリンピックに合わせて中国の交流のある寺院に参拝予定の僧侶もいらっしゃるでしょう。この情勢の中、中国でどんなお話をされるのでしょう。
もしも宗教者として毅然とした態度で臨めないのならば私たちはこれから、信者さん檀家さんにどのような事を説いて行けるのでしょう。

私たちにとってこれが宗教者、仏教者であるための最後の機会かも知れません。



書寫山圓教寺執事長大樹玄承 

平成20年4月5日




<英文版>



mixi内で英訳された声明文



 We, Japanese Buddhist monks are now put to the test. We cannot help expressing our deep sadness and protest against China's military actions in Tibet that deprive Tibetans from religious freedom. As religionists and Buddhist, we cannot overlook Tibetan monks and people's suffer any more. The most important thing is that Tibetans preserve their religious tradition of Tibetan Buddhism (Lamaism) by Tibetan people's free intention. You might wonder what monks throughout Japan are doing. Each sect and religious organization in Japan have devoted their energies to the restoration of Buddhist temples related to their temples in various parts of China after the normalization of diplomatic relations between Japan and China. I myself was also involved in the restoration of Buddhist temples in China. However, it was not possible to exchange with Buddhist temples in China without the approval of Beijing (government) and actually we had no freedom. Most monks across Japan know th!
is and think that this might be unchanged even in the future. We also know that Beijing (government) feels unpleasant when Japanese Buddhist organizations exchange with the Dalai Lama. I think that religious freedom is the most important issue. However, Japanese Buddhists have not expressed anything in 3 weeks or more after the Tibetan case broke out. If Chinese Buddhism association is our important friend, why do we tell nothing to it? Is it good without doing? Tibet that has accumulated its history as a Buddhism country with the leadership of the Dalai Lama is about to disappear. To save them, we should give the voice from grass roots as religionists and Buddhists. However, if we do, Chinese Buddhists concerned may protest the religious sect I belong to and I may be scolded by it. So, it does not mean that I request you to act together with me. But, I ask you who are Buddhist monks and supporters to think voluntarily with this case as a start. Some of you as Buddhist monk!
s may plan to visit the temples related to your temples during the Bei jing Olympics 2008. Under such circumstances, what will you talk with them? If you are not able to say your opinion to your Chinese counterparts in a resolute attitude, what can we preach to our supporters and followers in Japan? This might be the last chance for us as religionists and Buddhists.

スポンサーサイト

[2008/04/06] (((echo))) | | コメント(2)

Today is my life. 


     人生で一番幸せな日だとしたら・・・

     Today is a very good day to die.

     今日は死ぬのにとてもよい日だ。


     人生は限られた時間だからこそ・・・

     Today is the first day of the rest of your life.

     今日という日は、残された日々の最初の一日。


     「ハッピーバースデー」の代わりに・・・

     Today is your day.

     今日も私が生まれる日。


     もしも、世界が永遠だったなら・・・

     出会った人との再会を楽しみにするだろうか・・・

     いつかの未来に、夢を見たりするだろうか・・・

     野に咲く花や、真っ赤な太陽を美しいと思うだろうか・・・


     僕らの人生は、過去にも未来にもなく

     今日生きたようにしか、明日は訪れない。


     Today is my life.

     今日こそが人生。


            -GENERATION TIMESから
            http://www.generationtimes.jp/




[2007/04/04] (((echo))) | | コメント(0)

LOVE 








        http://www.youtube.com/watch?v=vr3x_RRJdd4








[2006/10/17] (((echo))) | | コメント(2)

The Rescuing Hug 

Rescuing Hug

友達からこんな写真がまわってきたよ
「The Rescuing Hug ―命を救うハグ」という記事

この赤ちゃんは双子の未熟児で
ふたりともそれぞれ別々の保育器に入れられていました
ひとりの子は弱くて生き延びられないだろうと言われていました
ひとりの看護婦が 病院の規則をおして
この赤ちゃんたちをひとつの保育器に入れるよう説得をしました
一緒の保育器に入れられると
元気な方の赤ちゃんが 死にそうな方の自分の姉妹に
自然に腕を回してハグしました
すると間もなく弱っていた方の赤ちゃんの心音や
体温が正常になって その子は助かったのだそうです

なにかさ。。

抱きしめあうことって 
ほんとに
いのちを暖めあうんだね

以前アロマの学校へ行っていたときに
講師が話していたのだけど
子供が病気をして脈拍と呼吸のリズムが狂ってしまっているとき
お母さんがいっしょに添い寝してあげると
呼吸も落ちついて ずれていたリズムが整ってくるからって..

愛する人とハグするって シンプルで 
もうそれだけで生かしあえるんだね

抱きしめたい...

抱きしめられたい...

ハグしたい

ハグしよう

ハグしよう



感じるものがあればクリックを。。


[2006/10/15] (((echo))) | | コメント(3)

Landmark 

landmark

水源の森



樹を抱く


樹の脈動に私の脈動を


そっと合わせる


樹を抱く時


私も樹に擁かれる




landmark.


地上に散らばった


点滅と


伝達を行う




地中深く


四方に根を伸ばし


幹は宙をつらぬいて


宇宙と地上を繋ぐ



 わたしたちは繋がっている)))



天のヴァイブを


地球へと降ろし続ける


地球には樹がある


そして人間がいる


樹のかたちの 


ひとのかたちの


パイプ



地のなかで繋がり


宙に響きあい


明滅しあい


星々と交わしあう


landmark.


landmark


[2006/08/06] (((echo))) | | コメント(0)





























































staying now since 2008.01.06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。