トップ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | | コメント(-)

ブログ移転先 

下のアドレスに移転しました。

天のにわ -ordinary days
http://tennoniwa.blog63.fc2.com/


さりまのphoto log 「ordinary daysⅡ」
http://ameblo.jp/salimacafe/
スポンサーサイト

[2008/04/12] 未分類 | | コメント(1)

雨 フ ル 春 ノ  

                                                                 如月十四日 待宵月

ず~とずっと 雨降りだった春分の日

昼の長さと夜の長さが ちょ~どおんなじになる


雨雲の向う 真東から天辺を通り

真西に沈んでゆくお日さまを

こころの目で追いかける


margoに急きょお休みをくれた

天の贈り物を味わいに

ひさ~しぶりに 温泉へ・・*


御前山という はじめて訪ねた場所に湧く

ごぜんやま温泉

穴場を見つけてしまった。。


露天風呂の 屋根のない場所に出て

雨をうけながら お湯につかる

はぁ これは最高

天から降る水と 地から湧き出る水と

めぐり廻る循環の 束の間のシーン


空からやってきた雨が 

山を濡らし 大地をうるおして

川へ 海へ 地中深くへ 届いていくんだね


そんな 空と地球が溶け合うのを 目の前にしながら

とぽん とっぷり


火水さま ありがとう







感じるものがあればクリックを。。クリックありがとう
[2008/03/21] 未分類 | | コメント(0)

「私は私にできることをしているの」 

南アメリカの先住民に伝わるハチドリの物語

あるとき森が燃えていました

森の生きものたちは
われ先にと逃げていきました

でもクリキンディという名のハチドリだけは
いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます

動物たちがそれを見て
「そんなことをしていったい何になるんだ」
といって笑います

クリキンディはこう答えました
「私は私にできることをしているの」


                『私にできること~地球の冷やし方』(ゆっくり堂)
                『ハチドリのひとしずく』(辻信一監修、光文社)

ハチドリ計画




感じるものがあればクリックを。。クリックありがとう


[2008/01/23] 未分類 | | コメント(2)

ダンシング・ブッダ 

この11日は 誕生日でした

いつもこの日を覚えていてくれる 遠く宮崎に住む友人が

今年は誕生日まで待ちきれないからって

一週間も前に 

こんなプレゼントを贈ってくれました



このマットという人は サラリーマンをやめて 

世界中をダンスをしながら旅を続けたんだって。。


うれしくて 何度も見てるの ^^

みんなにも見てほしいなと思って


肉体を持った天使が踊ってるよ



           踊りになりたいさりまより愛をこめて



画像開かなかったらこちらから飛んでみてね
http://www.youtube.com/watch?v=bNF_P281Uu4&mode=related&search=
[2007/12/13] 未分類 | | コメント(0)

ごぶさたしていました。。。 

2007年12月10日夜明け


久しぶりに このページを開きに来てみました

今にも錆びついて ぎぎぎぎぎー っと 開けるのに少し苦労しましたが

さっき 油を注しときましたから もう大丈夫でしょう 笑



ふっと ここでまた お話がしてみたくなって

テーブルの真ん中に ぽっ・・と 火を灯したら

キャンドルの炎の向こうにいるあなたと 

ゆっくりお茶でも飲みながら おしゃべりするみたいに

ゆったりしたこのハートのスペースから

また書き始められそうな気がして


今 そう書いていたら

fu*fu*fu って あの懐かしい振動が

胸の中にひろがってきたよ



先週末とってもうれしいことがありました


以前からお会いしたいと思っていた方に 会えることになって

新幹線に飛び乗って 逢いに行ってきました

この夏が始まるころまで ずっと籠りがちだった私にしてみたら 

ちょっとした冒険旅行に出かけるように。。


その方とは3時間ほどの短い会見だったのだけど

それはそれはぎゅっと濃~~いお話ができて

自分の中の勇気や自信を思い出させてくれる

そんな出会いになりました


*出会いのしるしに*になればと 創っていったキャンドルを 

その方は手に取って少し見つめた後

「これ天使入ってるよ」って わたしがそのキャンドルに込めたものを

そのままに感じ取ってくれました

わたしが天使たちといっしょにこのキャンドルを作っていることとか

スピリットの光がキャンドルの中に宿るように意図して創っていることとか

その背景などは まだなにもお話していないうちに。。


この1.2年 すっかり自信を失っていたわたしは

その方とお話をしているうちに

自分がある日思い出したようにキャンドルを創り始めたそのわけが

わかり始めてきたような気がしました


また キャンドルを創りたい この手で何かを紡ぎたい って

今 そう思えています

それがお役目だからとか そんな場所からじゃなく

ただただ ―それがわたしの喜びだから―

そんなスペースから 生まれてきたものを

手渡したい


そんな風の中に いま立っています

陰となり 日向となり

見守り 支え続けてくれたすべての存在に

ありがとう・・・∞


love...   さりま

私のホームページ



[2007/12/10] 未分類 | | コメント(6)





























































staying now since 2008.01.06
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。